製品紹介

お手入れ方法

タオルのお手入れポイント

色落ちや綿繊維を痛める原因となります。

柔軟剤は綿繊維をコーティングするため、使用すると吸水力が下がってしまいます。 また、繊維の表面が滑らかになるため、パイルの抜けや、毛羽落ちもしやすくなります。
パイル糸はボタンやファスナーに引っかかりやすいですが、洗濯ネットで保護できます。 もしくは他の衣類と別にお洗濯をしてください。
抜けた部分を切っても、他の部分がほころぶことはありません。 それ以上伸びないようにすることが長持ちのポイントです。
そうすることでパイルが立ち、ふっくらとした風合いが長持ちします。
長時間天日干しされますと、乾燥のし過ぎで綿繊維がゴワゴワになってしまいます。